意外と知らない!社労士の仕事内容と働き方

社労士の業務は多岐にわたる

社労士の仕事は、主に3つの業務に大別されます。その中でも、労働や社会保険の手続き代行は、1号業務と呼ばれ社労士の独占業務になります。具体的には、労働保険や社会保険に関わる届出、社会保険の資格取得喪失に関する業務等です。そして、企業に対して義務付けられている法定帳簿の作成があります。これは2号業務と言われます。また、3号業務に区別される内容には、企業の労務相談や社員研修に関するなどのコンサルティングがあります。勿論その他にも、年金に関することや労働基準監督署への手続きなど、社労士の業務は多岐にわたります。

登録区分で大きな違い!社労士の働き方

社労士の登録区分には、開業、社会保険労務士の社員、勤務、その他の4種類があります。登録区分によっては業務を制限され、働き方に少なからず影響が出てきます。開業と社会保険労務士の社員は、いずれも開業社労士的性格があります。事務所を構えて、自分の名前で社労士の仕事が出来るのが大きな特徴です。

対して、勤務とその他は非開業社労士として区分されます。事務所や法人に所属して勤務するのが、勤務社労士になります。開業社労士と違って、全ての業務を行うことは出来ません。出来る業務が限られてくるのです。また、その他登録の社労士は、社労士としての業務を行うことが出来ません。社労士会の会員としての資格はありますので、都道府県や連合会主催の研修等の参加は可能です。このように、社労士の資格があっても、登録区分によって働き方が大きく違ってきます。登録の変更は可能ですが、自分のライフスタイルに合わせた選択がとても重要です。

会社が大きくなって社員が増えてきても、労務問題などを渋谷の社労士に相談することで手間を削減できます。