法人口座の開設をする時に事前に押さえておくべき点とは?

各銀行の審査の手続きの進め方や必要書類を確認しよう

法人口座は、顧客や取引先と現金のやり取りをしたり、世間一般に信頼できる会社だという印象を持ってもらうために欠かせないものとなっています。口座開設の方法については、各銀行の方針や口座の種類によって違いが見られます。そこで、法人向けの資料を参考にしつつ、お目当ての銀行の審査の手続きの進め方や必要書類について早い時期から確認することがおすすめです。最近では、事業を開始して間もない法人もスムーズに口座開設ができるよう、審査基準を緩和したり、提出書類の数を減らしたりしている銀行も増えています。そうした中、理想的な銀行の口座を選択するうえで、少しでも分からないことがあれば法人専用の相談窓口を利用することが有効です。

ウェブ上で一通りの審査を受けられる銀行がおすすめ

短期間のうちに銀行の法人口座の開設を希望する場合には、ウェブ上で一通りの審査を受けられる銀行をメインに探すことがおすすめです。大手銀行の中には、スマホで必要書類を撮影してすぐに提出できるシステムを採用しているところが多くあり、審査に通過をしてすぐに店頭へ足を運ぶことなく通帳やカードを発行してもらうことも可能です。また、審査に掛かる期間は、審査の申込をする時期だけでなく、それぞれの法人の資金力や事業の継続年数などによって大きな差が出ることもあります。一般的に、提出書類に不備が無ければウェブ上で申し込みをした後に、メールや郵送などの手段で一週間以内で口座開設の通知を届けてくれる銀行も少なくありません。

法人口座を開設するときに困ったことがあれば、税理士などの専門家に相談をすると、申し込みから手続きまでサポートしてくれます。