法人がデビッドカードを利用するメリットとは?

デビットカードとは?

デビッドカードというのは、特定の口座に紐づいて銀行などが発行する決済用のカードで、それを使って買い物をすることによって利用金額が口座から自動的に引き落とされる仕組みになっています。原則として後払いのクレジットカードとの違いは、利用と同時にお金が引き落とされるという点です。決済と引き落としが同時であるため、クレジットカードを発行する際に必要な与信審査などの面倒な手続きが不要で、口座さえあればだれでも簡単に発行してもらえるようになっています。

法人デビッドカードとは?

デビッドカードは、一般的には個人が利用するイメージが強いかもしれませんが、実は利用者は個人に限られているわけではありません。株式会社や有限会社といった法人もデビッドカードの発行を受けることができ、法人に対して発行されるカードを指して法人デビッドカードと呼ぶ場合があります。

法人デビッドカードのメリットとは?

法人デビッドカードを利用することは、企業にとって多くのメリットがあります。まず一つ目のメリットは、経理の負担が軽くなるという点です。クレジットカードや請求書払いの場合、後になって経理担当者が個別に手続きを行わなければなりませんが、デビッドカードであればその手間がかからないため、手続きを大幅に軽減できるというわけです。また、二つ目のメリットは、発行手数料が不要で、すぐに発行してもらえるという点です。クレジットカードのように面倒な手続きはありませんし、申請すれば即座に入手できるため、企業にとっては入手しやすい決済手段であるといえるでしょう。それ以外にも、多くの人が使い慣れているクレジットカードと使い方が同じであるというメリットもあります。

会社の費用精算などにデビットカードがあれば便利です。法人のデビットカードは、まず取引のある銀行で相談してみてください。即座に口座から引き落とされるので、クレジットカードより審査が簡単です。