ビジネスを始めるにあたって事業資金を集める方法

金融機関からの借り入れが基本

新たにビジネスを始めるにあたっては、まとまった事業資金が必要です。自己資金で十分な金額を用意できるのであれば特に問題はありませんが、起業家の多くはそれほど潤沢に資産を有していないため、必然的に外部から調達しなければなりません。調達先として、まず第一に検討すべきなのは、銀行や信用金庫といった金融機関です。金融機関から融資を受ける大きなメリットは、調達コストが安く済むという点です。また、彼らが持っている経営ノウハウなどを教えてもらうこともできますので、特に初めて起業する場合は他の方法よりも金融機関からの借り入れを優先して考えるとよいでしょう。ただし、融資を受けるには厳格な審査に通る必要があるという点に注意する必要があります。

必要に応じて他の手段も検討しよう

事業資金の調達方法は、金融機関からの借入だけではありません。自らの事業計画に自信があり、それを信用してお金を出してくれる人がいるのであれば、株式会社を設立して株主として出資してもらうという手もあります。この方法のメリットは、出資してもらったお金を返済しなくてよいということです。その代わりに、常に会社を成長させ続け、継続的に配当できるようにするというプレッシャーにはさらされますが、返済に悩まなくて済むのは経営者にとっては嬉しいポイントであると言えるでしょう。また、インターネットを活用したクラウドファンディングにより事業資金を募るという方法もありますので、より多くの人に出資してもらいたい場合には検討してみるとよいでしょう。

事業資金の融資は銀行だけではなく日本政策金融公庫にも申し込むことができます。低金利で返済期間が長いのが利点ですが、その一方で融資基準が非常に厳しく、特に新規事業で融資を受けるのは困難と言えます。