中学受験や大学受験の塾選びのポイントとは?

大手塾にするか個人塾にするか?

子供が中学受験や高校受験をするにあたって塾通いは必要不可欠といっても過言ではありませんが、だからといってとにかく塾に通っておけば合格できるというほど単純な話ではありません。晴れて第一志望の学校への合格を勝ち取るためには、子供の学力を効果的に伸ばしてくれる塾を選ぶことが大切なのです。塾選びをするにあたって留意すべきポイントはいくつかありますが、その中の一つが大手塾にするか個人塾にするかという点です。

大手塾のメリットは、何といっても豊富な実績に裏付けされた綿密なカリキュラムが用意されており、講師の水準も一定以上が期待できるという点です。また、豊富なネットワークを活かして、学校ごとの受験情報をいち早く入手できるというのも魅力的でしょう。一方、注意すべき点としては、個人塾に比べると費用が高くなりがちであることや、カリキュラムがあることで生徒一人ひとりに合わせた指導が行われにくいことです。

個人塾のメリットは、大手塾とは逆に規模が比較的小さいことを活かして生徒一人ひとりにあった柔軟な指導が行いやすく、かつ費用も比較的リーズナブルであるということです。大手に比べるとネットワークではかなわないかもしれませんが、その分講師自身が自分で情報を収集して分析していたりするので、情報のクオリティについては大手を凌駕している場合もあります。

個別指導にするか否か?

個別指導の塾にするかどうかは、大手塾と個人塾のどちらにするかと同じくらい重要な塾選びのポイントです。個別指導塾には大手塾と個人塾のいずれのタイプもあり得ますが、それぞれに共通するメリットとしては、マンツーマン指導で子供の学習をしっかりとサポートしてもらえるということです。一方で、講師が子供と合わない場合にはかえって学習に支障をきたすおそれがあるほか、講師との距離が近いために馴れ合いが生じやすいというのが注意すべきポイントです。

そのため、自分のペースでしっかりと勉強でき、大手の標準的なカリキュラムでは物足りないといった子供には個別指導塾が向いているといえます。また、大手の授業についていけないので、基礎から徹底して鍛え直したほうが良い子供も個別指導塾に通うのが良いでしょう。一方、平均前後の成績の子供がより高いレベルを目指す場合や、周りの生徒と一緒に勉強した方が学習のモチベーションを維持しやすいというような場合には、個別指導塾ではないところの方が適しているのです。

学習塾と一口に言っても、受験に特化したものから、学校の授業の補修を行ってくれるものまで様々あります。それぞれの塾のカリキュラムや指導目標を確認し、自分に合ったものを選びましょう。