社会保険労務士は現代の人事問題解決に欠かせないエキスパート

社会労務士になるには、社会労務士の仕事

社会労務士とは社会保険労務士の資格を取得した、人事の法律のエキスパートです。ただ社会保険労務士は簡単に取得できる資格ではありません。合格率10%未満の超難関国家資格です。その為、独学で取得は難しく、社会保険労務士を目指している方の多くは会社を辞めて勉強に専念したり、働きながらでも資格専門のスクールに通ったり多くの勉強時間を確保しています。また1回の試験では難しいと言われている試験で合格まで最低1,000時間の勉強が必要と言われ、何度も受験してようやく取得できる方が多いようです。

そんな社会労務士の仕事は以下の通りです。

1号業務(労働社会保険諸法令に基づく書類の作成、提出代行)

(例として雇用保険、健康保険等への加入や手続き、助成金の申請等)

2号業務(労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成)

(例として賃金台帳、労働者名簿、就業規則の作成等)

3号業務(人事や労務に関するコンサルティング)と専門性の高い仕事になっています。

3号業務は社会保険労務士の資格を持っていなくても行うことが出来ますが、1、2号業務は社会保険労務士の資格を持っていないと出来ない独占業務です。

社会労務士の役割とは

先述の1~3号業務の中で人事や労務管理に関する3号のコンサルティング業務の依頼が増えています。

これは企業が健全な組織運営をする上で必要な就業規則や人事制度の策定、労働時間の管理、社会保険料の適正な支払い等に関する課題について、企業に適切にアドバイスする事です。

「企業コンプライアンスの適正化」が厳しく取り上げられるようになっている今、このコンサルティング業務に関する需要が高くなっています。

社会保険労務士の就業規則は、経営者の考え方を人事労務の専門家がインタビューした上で作成されるため、労務トラブルの事前防止と共に会社理念の浸透に役立ちます。