自分での年金作りに最適!!受ける金額は自分の運用次第で変わる!!

簡単に自分で年金が作れる

年金は、将来の生活のためのお金を用意する仕組みです。最も優れているのは公的年金です。終身年金なので、平均寿命まで生きれば十分元がどれます。同等の年金を自分で作るのはかなり大変と言えるでしょう。年金を作るためには預貯金を利用したり生命保険会社の個人年金を使う方法がありますが、新しい仕組みとしてイデコがあります。運用自体は民間の金融機関を使いますが、制度は国が用意してくれています。年金作りのための拠出の時などに税制上の優遇が受けられ、一度利用すると簡単にはやめられないようになっています。拠出したお金も一定年齢にならないと引き出せません。その分いつの間にか老後のための年金が作れてしまいます。簡単に作りたい人に最適の仕組みです。

将来受ける金額が決まっていない年金

多くの年金の仕組みでは、将来の受け取る額がある程度わかっています。公的年金は情勢によって金額が増減されますが、計算方法などは変わらないので大体どれくらいもらえるかがわかります。生命保険会社で利用する個人年金は、利用開始時に将来の年金額が決まります。一般的には将来の年金がいくらになるかわかりますが、イデコではわかりません。確定拠出年金と呼ばれる仕組みでお金を積み立て、運用するためです。毎月の拠出額は決まっていますが、運用は拠出した本人が行う必要があります。運用がうまくいけばどんどん年金は増えますし、うまくいかなければ減ってしまいます。定期預金を商品に選べるので、拠出額に近い金額が年金になるときもあります。

イデコ」は個人型確定拠出年金のこと。基本的に20歳以上60歳未満の全ての人が加入できます。特に、厚生年金加入者の被保険者となっている配偶者(専業主婦や主夫)でも加入できるところが特徴です。