iDeCOって何?確定個人年金とはどう違うの?

iDeCOは「自己選択型」の年金制度です!

iDeCOとは「個人型確定拠出年金」のことを言います。厚生労働省のもと、「国民年金基金連合会」が主体となって行っています。iDeCOはこれまでの年金制度を補助し豊かな老後生活を実現するために自ら選んで資産運用をする年金です。そのため20歳から60歳までの人なら基本的に誰でも加入することができます。転職、起業や専業主婦(主夫)になった場合でも継続することができます。月々の掛け金は5000円から1000円単位で設定でき、年1回変更することができます。運用方法も定期預金、投資信託、保険など様々なものを組み合わせることができます。一方で年金制度のため原則60歳になるまで資金を引き出すことはできません。

確定個人年金とは税制面で違いが!

一方で、「確定個人年金」と言うものがあります。こちらは保険会社が販売している金融商品です。保険料を支払うことで年齢に達した時にお金を受け取ることができます。制度としてはiDeCOと似ていますが、税制面で大きな違いがあります。まず、掛け金に対する控除の違いです。確定個人年金は保険商品です。そのため所得の控除として認められる範囲は掛け金に応じて変わり、最高額は所得税で4万円まで、住民税で2万8千円までとされています。一方でiDeCOは年金と言う扱いなので、掛け金の全額が所得から控除されます。次に受け取り時の違いです。確定個人年金は一時金として受け取る場合は一時所得となり、年金として受け取る場合は雑所得となります。(支払ってきた原価分は控除されます)そしてiDeCOの方は一時金は退職所得として退職金と合算できます。年金として受け取る場合は雑所得ですが公的年金控除を利用することができます。

iDeCOとは任意で加入できる個人型の確定拠出年金のことです。運用機関をはじめ、運用金額や運用方法も全て個人で決定することができます。また、掛金は非課税になるので節税効果もあるのがメリットです。