個人型確定拠出年金のメリットと注意点とは?

個人型確定拠出年金(iDeCo)の概要

個人型確定拠出年金とは何か、「個人型」と「確定拠出年金」の2部分に分けて解説します。
「個人型」というのは文字通りで、働いている会社の制度として存在しているものではないという事です。なので必要な手続きは自分で全部行う必要があります。資産運用の一種であり、どの商品について運用するかも自分で決めます。
一方「確定拠出年金」とは何でしょうか。まず年金には確定給付型と確定拠出型の2種類があります。確定給付型は「将来支払われる額」があらかじめ決まっていますが、確定拠出型は「掛金(毎月の支払額)」が決まっている一方で将来いくらもらえるかは確定していません。
確定給付型は「いくらもらえるか」が確定しているという点で安定が得られますが確定拠出型は運用が上手く行けば多くの年金が貰えるという点でメリットがあります。自分で株式や債券などの投資を行う場合に近いでしょうか。

個人型確定拠出年金のメリット・注意点

確定拠出年金に加入すると以下のようなメリットがあります。
掛金が所得控除の対象になること、運用益が非課税になることです。ただし所得控除は年末調整・確定申告の手続きをとる必要があるので忘れないようにしましょう。
月額5000円という少額からでも積み立てられるのも良いですね。
ただし注意点もあります。受け取れるのは原則60歳以降であること。途中解約が原則できないこと。手数料がかかること。毎月の支払額が確定している一方将来貰える額は確定していないので元本割れの恐れがあることなどです。

将来に不安があるなら、個人型確定拠出年金に関する情報を集めることが大切です。まずは、税制優遇について詳しく調べましょう。