ビットコインって儲かるの?そもそもビットコインってなに?

ビットコインとはなんなのか?

ニュースでも大きく取り上げられることの多い、ビットコインですが、日本人の多くの人が、ビットコインに興味を持ちながらも、その実態を知らないというのが現状です。

そもそも、ビットコインとはどのような存在で、どのような価値があるのでしょうか?ビットコインの存在、価値について解説していきます。

まず、ビットコインとはコインという名称がついているように「通貨」としての側面も持ちます。事実、日本政府もビットコインを「通貨」として法律上認めており、日本国内では決済通貨として使用可能な店舗も多々存在します。

しかし、普段使用している紙幣や硬貨のような実体は存在しない通貨であり、政府からの後ろ盾もない通貨になります。そのため、一夜にして価値がゼロになるリスクも秘めた通貨がビットコインです。

ビットコインは「サトシナカモト」を名乗る人物が、現在の中央集権的通貨とは違う、非中央集権的通貨とそのネットワークであるブロックチェーンと共に世界に発表した技術になります。

非中央集権的通貨ですので、価値の担保はなく、需要が多ければ多いほど価値は高まり、需要がゼロになれば価値もゼロになるという不思議な通貨、それがビットコインです。

ビットコインの魅力とリスク

現在、ビットコインを購入、保有している人の目的のほとんどが投機目的です。ビットコインは2017年に大高騰をみせました。しかし、直後に大暴落を引き起こし、借金まで背負う人が増えたことも事実です。

また、ビットコインの利益にかかる税金は最大で約半分と、かなり高い税率が適用されています。ビットコインを購入する際は、大きく利益も期待できますが、それなりのリスクを背負う覚悟が必要です。

ビットコインは値動きが一日だけでも物凄い大きいです。よって、ビットコインでFXする際のレバレッジは2倍がおすすめです。